鍼灸・漢方治療

鍼灸・漢方治療って?

鍼灸・漢方治療

鍼灸も漢方も、中医学(中国医学)を実践するための方法です

中医学ではからだをひとつの有機体(ゆうきたい)ととらえます

 
西洋医学では、からだを局所的に分析してからだの中に侵入した細菌やウイルスを排除したり、症状を緩和する薬(頭痛だったら、頭痛を鎮めるお薬などピンポイントのもの)を使います。
一方中医学では、からだの中の臓腑(ぞうふ)や組織はお互いに影響し合あうと考えます。また、とからだもお互いに影響し合い、からだは自然界の影響を受けるという考え方なので、からだを局所的にではなく全体的に診て治療していきます。
 

中医学では宇宙から自然界、からだとすべてのものに陰(いん)陽(よう)があると考え、陰陽のバランスがとれている状態が健康と考えます

また、生命を含むすべてのものは「 木・火・土・金・水」の5つのグループに分けられると考えます。例えば、からだの中の臓「肝・心・脾・肺・腎」はそれぞれ木・火・土・金・水に、季節の「春・夏・長夏(日本でいう梅雨のような季節)・秋・冬」はそれぞれ
木・火・土・金・水に分類されます。
 

自覚症状があっても検査で異常がない・・・そんな状態を中医学では「未病」といいます

西洋医学で治療が行われないような状態でも、中医学では鍼やお灸をつかって、からだの自然治癒力を高め、もとのバランスのとれた状態に戻す治療をしていきます。
 

どうぶつにも鍼灸・漢方が必要?

どうぶつも人と同じように自然治癒力でからだの不調を克服し、自然界の影響を受けています

 
どうぶつを家族の一員として大切にされるご家庭が増え、それに伴って獣医療もどんどん発展してきています。食事の質が良くなり、予防医療も浸透してきたおかげで、どうぶつも今では長寿になり、その反面様々な病気を患うことが増えてきました。また、犬種や猫種に特有の遺伝病で若くから骨格や関節のトラブル、皮膚病などを患うワンちゃん・ネコちゃんも少なくありません。
なんとなく調子が悪そうなのだけれど検査では異常がない、一般的なお薬は一通り試したけれど良くならない・・・そんなときは、どうぶつにも鍼灸・漢方が効くかもしれません。 
 

西洋医学だけでは対応しきれない、または中医学のほうが向いている症状があります

 
例えばワンちゃんもシニア期に入ると、足腰が弱って歩き方がフラフラよたよたしてきたり、心臓病が増えてきたり、いろいろな不調が増えてきます。そんなとき、例えば痛み止めを飲んだりして一時的に調子が良くなっても、お薬をやめるとまた調子が悪くなったり、これ以上お薬を増やせないという状況のとき、鍼灸・漢方治療で自然治癒力を高めてあげることでからだが良い状態へ向かうのを手助けしてあげることができます。
 

詳しくは下記の鍼灸・漢方Q&Aもお読みください。

治療の流れ

①まずはカウンセリング(初回のみ)

今までのこと、今いちばん困っていること、詳しくお伺いします

初回のカウンセリングでは、今までかかったことのある病気や繰り返しやすい症状、飲んでいる(た)お薬、生活環境、食事内容、今いちばん困っている症状や心配事などを詳しくお伺いします。お話をスムーズにさせていただくため、既往歴(今までの症状など)が多い場合は紙などにまとめていきていただけると助かります。また、他院さんで出されているお薬などは薬の名前がわかるようにしてきてください。
 

所要時間:約30分

今日の調子はどうかな?

 
 

②身体検査

実際に体を触って診察していきます

一般的な診察のほかに、中医学的診断に必要な舌診、眼診、切診、脈診を合わせて行っていきます。

舌も見せてね

 

③施術

鍼とお灸を使って治療を行います

使う道具はほとんど人と同じものを使います。患者さまの状態に合わせて鍼とお灸を組み合わせて治療します。

お灸の様子

鍼灸・漢方Q&A

鍼灸・漢方Q&A

 

Q:どんな病気や症状に効果がありますか?

鍼灸治療には、基本的に適応外の病気というものはありません。(ただし、緊急性の高い病気や、急性の伝染病などの場合は除きます。)人の鍼灸だと、腰痛や肩こりといった筋肉や関節の不調を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、他にも内臓や皮膚の病気や不調、なんとなく元気がないけれど検査ではとくに異常がないときなど、様々な状態の改善が期待できます。椎間板ヘルニアなどの麻痺や、腰痛、後ろ肢が弱ってきたとき、また、慢性の下痢や老齢の子の不眠、腎不全などに、幅広く対応できます。
 

Q:鍼(はり)は痛くないですか?お灸は熱くないですか?

その子の体格に合った鍼の太さを選んでいくので、ほとんど痛がることはありません。ただし、中にはかなり敏感な子もいるので、その場合は刺さない鍼を使ったり、推拿(すいな)の手技を合わせていきます。お灸は、毛を刈ったりせず、毛の上から燃えないように灸点紙(お灸の台座になるものです)を敷いて行っていきますので、火傷したり、熱がることもほとんどありません。
 

Q:どれくらいの頻度で通う必要がありますか?

その子の病気や状態をみて判断していきます。例えば、椎間板ヘルニアなどの麻痺の症状が出たばかりの状態でしたら、はじめは2~3日に1回、症状が改善してきたら1週間に1回、2週間に1回、月に1回・・・という風に、間隔をあけていくことが多いです。効果の持続期間もその子によりますので、同じような症状でも鍼灸を施術した週は調子が良く、次の週からなんとなく不調、とか、1か月くらいは好調など、様々です。その子に合った間隔で施術してあげるのが良いでしょう。
 

Q:1回につきどれくらいの時間がかかりますか?

患者さまの状態によりますが、一回20~40分くらいです。毎回、初めに四診(望診、聞診、問診、切診)を行いますので、診察開始からお会計まで合わせると1時間弱をみていただけると安心です。
 

Q:うちの子はよく動くのですが、治療できますか?

当クリニックでは、基本的に飼い主さまに治療に付き添っていただき、わんちゃん、猫ちゃんが安心した状態で鍼灸を施術していきます。もし、飼い主さまが一緒の方が強気になって暴れてしまう、攻撃的になるなどの場合は、スタッフが代わりに付き添うことも可能です。非常に怖がりな子、攻撃的な子は、様子をみながら少しずつ慣れてもらうようにしていきます。ただ、ほとんどの子が、2~3回目の施術時にはリラックスしてくれることが多いです。
 

Q:他の動物病院にかかっているけれど、鍼灸治療だけお願いできますか?

かかりつけ動物病院さんが遠方の場合など、鍼灸治療だけこちらで受診することもできます。その場合、診断に必要となりますので、今までの病気がわかるものや飲んでいるお薬の名前など、わかる範囲でご準備していただけると助かります。
 

Q:ペット保険に入っていますが、保険は適用になりますか?

鍼灸治療と漢方薬(医薬品に指定されているもの)は一部の動物保険会社で保険適用になります。ただし、待機期間や保険期間、対象になる病気は患者さまによって異なる場合がありますので、詳しくは各保険会社にお問い合わせください。ペット保険の保険証は毎回診療の際にお持ちください。

OPEN


スマホからはこちら→LinkIcon
ウィルどうぶつクリニック

最新のお知らせ

キャンペーン

New2018年11月05日

体重管理・ダイエットフード10%OFFキャンペーン!

体重 が増えやすいこれからの時期にお役立てください
体重が重いと腰痛・関節痛の原因にも・・...

New2018年10月20日

Google検索による営業時間表示につきまして

Googleでウィルどうぶつクリニックを検索していただくと、営業時間を含むクリニックの情報が出てきますが、正しい情報はこちらのウェブサイトをご覧いただくようお願いいたします。当日の空き状況は、クリニックのFacebook、Twitterでも更新しております。

当院は、診療・トリミングを含むすべての内容をご予約制で行わせていただいておりま...

New2018年09月29日

12月のトリミングのご予約はお早めに

10月中にご予約いただくと特典あり♪
12月はトリミングのご予約が埋まりやすくなります。
お早めにご連絡をお願いいたします。

★10月中に12月分のトリミングのご予約をいただいた方に、トリミング時に「炭酸泉かけ流し」をプレゼント♪します★